相続にともなう遺産分割と弁護士のサポート

###Site Name###

相続人が複数存在する場合には、民法の規定により、法律に定められている割合で、それぞれの人が遺産を取得するというのが前提です。

しかし、なかには不動産や自動車のように、単純に割合をもって取得するということが困難な遺産もあることから、通常の場合、すべての相続人が集まり、遺産分割協議をするなかで、誰がどの遺産を取得するのかを個別に決定するということが行われます。



しかし、一生のなかでもそれほど機会があることではないため、一般の人にとっては、くわしい方法や手続きなどに不安を覚えるというのも事実でしょう。


こうした場合、法律問題の専門家である弁護士に相談をした上で、手続きのサポートを依頼するのが、遺産分割をスムーズに進める上ではベストといえます。

弁護士に依頼をした場合、まずは亡くなった人がもっていた現金、預貯金、不動産などといった、法律上の相続財産となるべきものを調査して、目録を作成します。

また、戸籍を調査するなどして、相続人となるべき人の範囲を確定し、法律にもとづいた場合の取得割合なども計算をします。

相続に強い弁護士情報を利用しましょう。

その上で、遺産分割協議について、手続き面でのサポートを含めて、客観的なアドバイスをしたり、協議の内容を網羅した遺産分割協議書の原案を作成したりします。

産経デジタルのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

こうしたことがらは、一般人でもまったくできないというわけではありませんが、特に遺産分割協議書のような書類は、その後の不動産登記や自動車の名義変更などの、官公署がからむ手続きにも必要となる書類であるため、弁護士の専門知識が重要となってきます。