弁護士を雇って相続訴訟する前に

###Site Name###

相続は遺言があると話が早いです。
その遺言通りに財産を処理すればいいからです。しかし遺言が無い場合は遺産分割協議を行って、残された財産をどのようにするか決める必要があります。遺産分割協議などというと堅苦しく思えますが、要は親族間で話し合って決めればいいわけです。

しかし、話し合いが上手くいかない場合もあります。
その場合は裁判所に紛争解決をお願いすることになります。

といっても相続問題の場合は、いきなりテレビで見るような法廷で弁護士を交えて言い争いすることはありません。調停前置主義という原則が適用されるので、訴訟の前にまず家庭裁判所で調停・審判の申立てを行うことになっています。

家庭裁判所での調停・審判は関係者がテーブルを囲んで話し合い妥協点を探るという穏やかなものです。

公開されることもありません。

相続問題はこの段階で解決してしまうことも多いですが、ここで解決できなければ、いよいよ訴訟を起して法廷で争うことになります。
訴訟で争うとなると、家庭裁判所での調停・審判の時と違い公開されますから、一般の人達に親族間の醜い争いを、見物に来る人はあまりいないと思いますが、晒すことになります。

評価の高い相続に強い弁護士に関するマニアックな情報をお届けします。

訴訟を起すとお金もかかりますし、時間もたくさん取られるので、なるべく避けたいところです。



訴訟を行う際は弁護士を雇った方がいいでしょう。

ロケットニュース24の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

信頼できる弁護士が身近にいればいいですが、いない場合は各都道府県にある弁護士会などに相談に行ってみましょう。