相続のトラブルを避ける遺言と弁護士

###Site Name###

子どもの数が多いなど、亡くなったあとになんらかの遺産をめぐるトラブルが見込まれる場合には、あらかじめ、生前に遺言書をしたためておくことがすすめられます。しかし、この遺言書というものは、相続人の権利関係にかかわるものであるだけに、厳密な書き方をしなければ、無効になってしまうことさえあるのです。たとえば、よく用いられている自筆証書遺言というものは、すべてを自筆で書いて、その上で書いた日付を添え、署名捺印をしなければならない決まりになっています。



そのため、ワープロで文字を打ったものを印刷して、そこに署名だけは自筆にしたとしても、形式を満たさないために無効となってしまうおそれがあるということです。
こうしたことを避けるためには、弁護士に相談をして、書き方などについてのレクチャーをはじめから受けておくことがたいせつです。

ロケットニュース24を理解するには正しい知識が必要です。

弁護士は法律のプロであり、刑事裁判で弁護人として出廷するような仕事のほかにも、相続や遺言などといった、民事上のしごとにもかかわっているものです。
また、形式を満たしていたとしても、内容的にあいまいな遺言であれば、これも相続に関して逆にトラブルのもとになってしまいますので、内容についての相談というのも適しています。

この場合のあいまいというのは、一般的な意味というよりも、法律に照らして意味がひとつに決まらなかったり、法律上は不可能なことを書き記しているといったことですので、やはり弁護士の知識がたよりになるといえます。

真剣に相続に強い弁護士関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。