相続手続きの中には弁護士でも行えない手続きがある

###Site Name###

相続について何らかの問題が発生したとき、親族間の話し合いで解決できそうにない場合は、相続問題の解決実績がある弁護士のもとに相談を持ち込むのが良策です。

弁護士に相談をすることで、法律上の問題の大半を解決させられる可能性がありますが、中には弁護士であっても代行することができない手続きが存在します。

相続に強い弁護士の特徴をご紹介するサイトです。

例えば、相続登記がその一つです。
亡くなった人本人が所有していた不動産を親族が取得する際には、取得後のトラブルを防ぐ目的で不動産の名義を変更しておくのが一般的ですが、この登記手続きは司法書士のみが代行することができます。

教えて!gooに関する疑問を解消してください。

また、相続税に関する一連の手続きも弁護士に代行を依頼することはできません。

取得した遺産の中に土地と建物がふくまれていると、税額計算の基礎となる評価額を算定するために不動産の鑑定を依頼しなければなりませんが、これは不動産鑑定士の仕事であり、弁護士の仕事ではありません。

税の申告と納付に向けての作業は、すべての遺産の価額が確定した後に本格的にはじまりますが、この手続きを代行できるのは税に関する専門家である税理士のみです。


しかし、このような点があっても、相続手続きに関する処理の依頼先は法律事務所が最適といえます。


法律事務所の中には、司法書士や税理士らと提携をおこなっているところが多数存在しており、依頼内容にその法律事務所だけでは処理できない部分があると、提携先の司法書士等に代行を頼むことができるからです。