相続で損をしないために、弁護士に相談しよう

###Site Name###

相続に関する法律知識がないために、損をしてしまうことがあります。

たとえば、被相続人と同居の長男が、遺産分割を自分の思うがままにしてしまう場合です。



具体的には、長男が貯金を使い込んでいたり、遺産隠しを行っているにもかかわらず、他の兄弟が遺産の調査を怠ったために、長男に丸め込まれてしまう場合です。

不公平な遺言があった場合も然りです。

たとえば、「長男に全財産を相続させる」という内容の遺言でも、その他の兄弟は、遺留分については最低限確保することができます。

ただし、それは受遺者である長男に請求すればの話です。

遺留分の存在を知らなければ、請求などするはずもありません。

仮に、後から請求できることを知ったとしても、請求期限を過ぎてしまえば、後の祭りです。

産経デジタル情報はこちらです。

相続放棄の存在を知らなかったために、借金地獄に陥る場合もあります。

遺産には、預貯金や不動産といったプラスの財産だけでなく、借金や税金のようなマイナスの財産も含まれます。

マイナスの財産がプラスの財産を上回る場合、相続放棄を選択するのが通常です。
しかし、その存在を知らず、何もしないまま3カ月が経過すれば、放棄はできなくなってしまいます。
いずれのケースも、弁護士に相談しておけば、損害を避けることができました。

相続に強い弁護士の知識が身につきます。

わざわざ弁護士に相談するのは、億劫かもしれません。しかし、自分の権利を守るためにも、弁護士に相談して、法律知識を身につけておくことをおすすめします。